プロバンサイン

仕事に差し支える汗は治療薬で

 

お仕事に支障を来してしまうような汗をかく方、それは立派な病気だということはご存じでしょうか。もちろん、汗っかきなほうだけど日常で別に困ることはないという場合は問題視する必要はありません。しかし、普通お仕事にはある程度のプレッシャーがつきまとうものですし、その大事なお仕事の場面に限って汗が出ることが多いという方もいるはず。

 

いわゆる多汗症と呼ばれる症状は、特に汗をかく理由はないのに、汗が多く出て日常生活に差しさわりがある場合のことを言います。これはあくまで機能的な問題ですから、汗をかくべき理由はないのに、という点が多汗症かどうかを見極める大事なポイントになります。

 

では、例えば仕事の緊張や不安から手や脇など局所的に異常な量の汗をかいてしまうという方の場合はどうなるのでしょうか。もちろん、仕事に差し障りが出ているのであれば、治療が必要な多汗症の一種と言えると思います。

 

しかし、そのような症状で病院に行って、「プロバンサイン」のような汗を止める薬をもらえるかどうか、ここでははっきりと保障することはできません。

 

なぜなら、中には汗そのものより少しの緊張で汗が噴き出てしまう心の持ちようなどの治療が先決な方もいるからです。もしくは全く違う病気が潜んでいる可能性もありますから、お医者さんは慎重に薬の処方を決めるでしょう。

 

汗を止めても解決にならないのであれば、良心的なお医者さん程、適切な医療機関をすすめてくるかもしれませんし、精密検査をしようとするかもしれません。

 

それはそれであなたにとって良いことには違いませんが、そんな悠長なこと言ってられないんだよという方に「プロバンサイン」はネット通販で購入できますよ、ということをお伝えしたいと思います。

 

もしあなたの汗が仕事に関わるもので、仕事に差し障りがあるなら、あまり時間の余裕はないでしょう。例えば、来週プレゼンがある。緊張で配る資料が濡れてしまうのは目に見えている。汗のせいで焦ったり、余裕がないように見られたくない。

 

だけどプレゼンの用意でゆっくり病院に通っている暇なんて全然ない。加えて良心的なお医者さんが薬の処方を見送ったらどうする。

 

そんなときに処方箋のいらないネット通販は便利ですよね。

 

プロバンサイン(Pro-Banthine15mg)

 

次のページ

更新履歴